ホーム > 座間味村の楽しみ方 > ウォーキング

座間味村の楽しみ方

ウォーキング

座間味村のウォーキング

座間味村の島々は全体の90%が山野と原林で緑が豊富
豊かな自然に恵まれた島々でゆったり自然観察

オオゴマダラ.JPG 05ノボタン.jpg sアカショウビン.と巣穴jpg.jpg

島々にはいくつもの展望台があって、それぞれを目的地にウォーキングが楽しめます。
1月中旬~3月上旬にはケラマツツジがきれいに咲き誇り、ヤマモモや野いちごなど、自然の恵みを味わうこともできます。

5月中旬から6月中旬の雨季のウォーキングもおすすめ。雨上がりの森の匂いを吸いこみながら、アカショウビンを探しに森に入れば、森の貴婦人と呼ばれる大型の蝶オオゴマダラが道案内をしてくれます。

それぞれの展望台は、島の東西南北に位置しているので、眺めも異なり、起伏が激しいので、よい運動になります。飲み物を持ってお出かけください。
久米島や粟国島、沖縄本島、遠くは伊江島を望むこともできます。

 

座間味島・阿嘉島・慶留間島で発見できる様々な動植物

hik04.gif

  • ケラマジカ=天然記念物のケラマジカは阿嘉島・慶留間島・外地島で会えるはず。
  • カワセミ=座間味島のダムや集落内の川沿いにいることも
  • アマサギ=放牧された牛の近くをうろうろしているのどかな姿が見られる。
  • 野生化したヤギ=捕まえようとすると逃げていくけれど、遠くから人間の様子をジッと見ている。
  • アカショウビン=座間味島のダムや林道で早朝か夕方に、目撃例が報告される。(写真 右)
  • リュウキュウコノハズク=夜に鳴き声が聞こえる。キャンプ場のすぐ近くに現れることもある。
  • ヤマモモ=3月頃、実をつける。甘くて美味。
  • 野いちご=4月~5月上旬頃、赤く小さな実をつける。
  • ケラマツツジ=3月上旬に開花。ピンクや赤が美しい
  • ノボタン=5月から6月 雨季の山に咲くかれんな花。(写真 中央)
  • オオゴマダラ=初夏から夏にみられる大型の蝶 (写真 左)

今後、島の人が撮った写真でたくさんの野鳥や植物をご紹介するページをオープンします。お楽しみに。

広告事業について

座間味へのアクセスはヘリコプターで アイラス株式会社

座間味の海水浴ツアーはスカイツアーズへ

沖縄の格安レンタカー たびらい沖縄

座間味島・ガヒ島ツアーは近畿日本ツーリストへ

ざまみ島っぷ