ホーム > 新着情報 > 観光のトピックス

新着情報

観光のトピックス

座間味村が発注する「座間味村海域安全隊事業(水上バイク購入)」について、一般競争入札に付するので、次のとおり公告します。
 平成29年4月28日  座間味村長 宮里 哲    
 
   
1.一般競争入札に付する事項
 (1)件名  「座間味村海域安全隊事業(水上バイク購入)」
 (2)契約の内容  仕様書及び入札説明書による
 (3)契約期間  契約締結日から平成29年5月31日(水)
 (4)納品場所  座間味村字座間味109番地(座間味村役場)
 
2.一般競争入札に参加する者に必要な資格に関する事項
 (1)地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しない者及び第2項の規定により入札参加の制限を受けていない者。
   (記入例:該当しない)
 (2)国及び地方公共団体からの指名停止を受けている期間中でないこと。
 (3)沖縄県内に本店、支店、営業所のいずれかを有していること。
 (4)会社更生法に基づき、更生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。
   (記入例:該当しない)
 (5)民事再生法に基づき、更生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。
   (記入例:該当しない)
 (6)入札に参加しようとする者の間に資本関係又は人的関係がないこと。
   (記入例:本案件の入札参加について、他の入札参加者との間に資本関係又は人的関係はない。)
 (7)次の各号に該当しない者
  (ア)暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はその関係者、その他反社会勢力(以下「暴力団体等反社会勢力」という。)
  (イ)暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人その他団体。
  (ウ)法人でその役員のうち暴力団体等反社会勢力に属する者がいる。
  (エ)警察当局から、暴力団員が実質的に経営を支配する業者又はこれに準ずるものとして、国内、沖縄県内等からの排除要請があり、当該状況が継続している者でないこと。
  (記入例:該当しない)
 (8)過去5年間において同様の物品納品を行った実績を示す資料(様式は任意)
 
3.入札参加資格に係る提出書類
 入札参加を希望する者は、別に配布する「一般競争入札参加資格確認申請書」及び関係資料(以下「資格確認資料」という。)を持参又は郵送により提出し、入札参加資格の確認を受けなければならない。
 (1)期間  平成29年4月28日(金)から平成29年5月12日(金)
 (2)時間  午前9時から午後5時まで
 (3)場所  座間味村役場 産業振興課 船舶観光班(座間味港ターミナル内)
 (4)提出部数 一部
 
4.契約条項を示す場所及び期間
 (1)場所  座間味村役場
 (2)期間  契約締結日から平成29年5月31日(水)
 
5.入札執行の場所及び日時
 (1)場所  座間味村役場 3階多目的ホール
 (2)日時  平成29年5月15日(月)午後1時30分
 
6.入札保証金に関する事項
 (1)免除(但し、落札者が契約を履行しない場合は損害賠償として入札金額の百分の十を村に納付しなければならない。)
 
7.入札の無効
 次のいずれかに該当する入札は無効とする。
 なお、無効な入札をした者は、再度の入札に加わることができない。
 (1)入札参加資格のない者のした入札
 (2)同一人が同一事項についてした2通以上の入札
 (3)2人以上の者から委任を受けた者が行った入札
 (4)入札書の表記金額を訂正した入札
 (5)入札書の表記金額、氏名、印影又は重要な文字が誤脱し、又は不明な入札
 (6)入札条件に違反した入札
 (7)連合又はその他不正の行為があった入札
 
8.その他
 (1)その他詳細については、仕様書及び入札説明書による。
 1.入札説明書 入札説明書.pdf
 2.仕様書 仕様書.pdf  
 3.契約書 購入契約書(案).pdf
 4.入札書 入札書.pdf
 5.委任状 委任状.pdf 
 6.一般競争入札参加資格申請書 一般競争入札参加資格確認申請書.pdf
 7.質問書 質問書.pdf
 
お問い合わせ先
座間味村役場 産業振興課
〒901-3496 沖縄県島尻郡座間味村字座間味109番地
電話 : 098-987-2320
FAX : 098-987-2329
担当:三田 勇樹

COL_9194-thumb-450x300-3581.jpg

 

サバニ帆漕レース実行委員会よりお知らせです。

「第18回サバニ帆漕レース」

が下記日程にて開催されます。

 

サバニ帆漕レース開催までの主な日程

 説明会 :平成29年4月25日(月)19:00~20:00

 出漕受付:平成29年5月8日(月)~6月9日(金)

 出漕確定:平成29年6月11日(日) ※参加費入金確認

サバニ搬送期間:平成29年6月12日(月)~6月29日(木)

島内プレレース:平成29年7月1日(土)

レース開催日:平成29年7月2日(日)

 

出漕料

 チーム:10,000円

 選 手:3,000円(保険料、パーティー費、Tシャツ代込)

 

レースお申込み・必要書類等はサバニ帆漕レース実行委員会公式ホームページまで

http://www.photowave.jp/sabani_s/

 

お問合せ先

サバニ帆漕レース実行委員会 本部事務局

 (座間味村役場/産業振興課) 髙江洲・三田

 Tel 098-987-2320  Fax 098-987-2329

2014ヨットレース-thumb-450x300-2569.jpg

 

 

座間味ヨットレース実行委員会より

「第40回座間味ヨットレース」

についてお知らせ致します。

 

日程:【艇長会議】

日時:平成29年6月23日(金) 18:00~18:30(予定)
場所:宜野湾港マリーナ・管理事務所(予定)

 

         【ヨットレース】

    日時:平成29年6月24日(土)

コースは宜野湾港マリーナ沖合より座間味港沖合まで(28マイル)

 

08:25

スタート時刻予定(クラスⅡ)

08:35

スタート時刻予定(モノハルクラス)

08:55

スタート時刻予定(クラスⅠ)

14:30

体験試乗会(無料) 於:座間味港浮桟橋

16:00

タイムリミット

18:00

表彰式・パーティー 於:座間味港ターミナル広場

 

参加申込(出艇申告)

①    所定の参加申込書(出艇申告)を、6月12日(木)午後5時までに

実行委員会事務局へ提出(FAX又は郵送)のこと。

 

②    参加費用は下記の通りとする。 

出艇料(1艇、7,000円)  パーティ-費(1名、3,000円)

※申込み期限以降に、申込みの方は出艇料(1艇につき10,000円)とする。

(出艇料はレース前日の艇長会議の日に徴収する。)

 

③    レース中止の場合の出艇料

出艇料入金後の返金は原則不可とします。

天候の場合により中止となった場も同様です。

 

 

資料一覧はこちら

第40回座間味ヨットレース実施要綱_2017.pdf

第40回座間味ヨットレース参加申込書.pdf

(帆走指示書については艇長会議にて配布いたします。)

 

お問い合わせ先

 

レース:座間味村役場 産業振興課 担当 三田、髙江洲

    Tel 098-987-2320 Fax098-987-2329

 

宿 泊:座間味村観光協会

    Tel 098-987-2277

 

船 舶:座間味村役場那覇出張所(定期船の予約受付)

    Tel 098-868-4567

    座間味村役場産業振興課 

    Tel:098-987-2320

 

 

   主催:座間味ヨットレース実行委員会

   共催:JSAF外洋沖縄、座間味村商工会、座間味村、一般社団法人座間味村観光協会

後援:(予定)(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、宜野湾港マリーナ管理事務所、琉球新報社、沖縄タイムス社、

NHK沖縄放送局、沖縄テレビ放送(株)、琉球放送(株)、琉球朝日放送(株)

   協賛:(予定)沖縄セルラー電話(株)、オリオンビール(株)、(株)久米島の久米仙、

       沖縄コカ・コーラボトリング(株)、(株)マツモトキヨシホールディングス、ヤンマー沖縄株式会社

 

平成29年度座間味村教育環境充実事業の委託業者を募集いたします。

 

事業名:平成29年度座間味村教育環境充実事業

参加申込期間:平成29年4月17日(月)~4月24日(月) 17:00まで

企画提案申込期間:平成29年4月28日(金)17:00まで

 

詳しくは下記の募集要項等をご確認ください。

(様式1)参加申込書.doc

(様式2)事業者概要書.doc

(様式3)企画提案応募申込書.doc

(様式4)質問書.doc

仕様書.pdf

募集要項.pdf

 

担当部局:座間味村教育委員会 

TEL:098-987-2153 FAX:098-987-2252

担当者:垣花

平成29年5月8日(月)~6月7日(水)クイーンざまみドック期間中に、渡嘉敷村の高速艇(マリンライナーとかしき)を利用できるよう、下記の通りダイヤを変更して運航致します。

みつしま運航表(5月8日~6月7日)_.pdf

※マリンライナーとかしきのご予約に関しては、渡嘉敷村役場那覇出張所 TEL:098-868-7541までお願いいたします。

平成29年度 座間味村海域安全隊の委託業者を募集致します。

事業名  :間味村海域安全隊業務

業務範囲:座間味村座間味島・阿嘉島(古座間味ビーチ・阿真ビーチ・北浜ビーチ)

募集日程:平成29年4月3日(月)~平成29年4月12日(水)17:00迄(必着)

詳細につきましては、下記添付資料をご確認下さい。

平成29年度 募集要項.pdf

平成29年度 仕様書.pdf

平成29年度 企画提案書.pdf

平成29年度 企画提案書作成要領.pdf

平成29年度 様式集.pdf

担当部局:産業振興課 観光船舶班 

TEL:098-987-2320   FAX:098-987-2329

平成29年4月22日(土)~23日(日)に座間味村にてケラマブルーカップイン座間味が開催されます。

世界のトップパドラーから初心者の皆様までエントリー可能!

競技種目

☆ロングディスタンス(15km/6km/3km/1.5km)※6kmはSUPA全日本予選

☆スプリントレース

☆チームレース

☆SUPクルーズボードオープン

エントリーはこちらから↓↓↓

http://kbczamami-2017.peatix.com/

座間味空撮2.jpg

ホエールウォッチングフェスタ開催実行委員会で募集していた「体験絵画・写真コンクール」は2017年3月10日(金)をもちまして募集を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!審査委員長を中心に開催実行委員会で選考し、3月25日(土)のくじらの音楽祭にて発表・表彰させていただきます。

くじらの音楽祭2017↓↓↓

くじらの音楽祭.pdf

 東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本を代表するアスリートたちが強化に力を入れる中、座間味村でもセーリング競技の日本代表選手団の合宿が行われています。
 本土の冬季海上での長時間練習はあまりに危険で過酷。でも、気温・水温ともに高い沖縄で、特に強風や潮流など様々な条件に恵まれている本村は、世界を転戦する合間の強化練習に最適とか。
 沖縄県や県体育協会の支援を得て、12月下旬のRS:X級(ウィンドサーフィン)の合宿を皮切りに、12月23日から1月8日まで470級(二人乗りヨット)の男女11名と中村さんらコーチ陣が滞在しました。
 
セーリング練習.jpg
 

マイアミから銀メダルを持ち帰り、2月11日(土)フェリーで到着!

 座間味島でのお正月返上の合宿成果か、1月末まで米マイアミで行われていたワールドカップで470男子 磯崎哲也さん・高柳彬さんチームが銀メダルを獲得。10位までに合宿チーム男子3組が入るという快挙でした。
 2月11日(土)、再び彼らが座間味に戻ってきます! 村民の皆さんの歓迎と応援をお願いします。
 
宮里村長のコメントが掲載されています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
座間味村では「環境目的税」の導入を検討しています。
現在検討されている案は次の通りですので、住民の皆さんのご意見をお聞かせください。
 

環境目的税案のあらまし

・課税方法…旅客船、航空機などにより外地島含め4島へ入域する行為にそのつど課税

・税率… 1回100円 ※住民からもいただきます

・免除… 中学生以下、障害者

・使いみちの案…道路や展望台周辺の草刈、公衆トイレ清掃、港湾清掃、花木植栽、海岸清掃

ご意見はこちらへ
お電話
 座間味村役場総務・福祉課 総務班 098-987-2311 
メール 
  pub-com@vill.zamami.lg.jp
 

説明会参加者からのご意見

1月24日阿嘉島で、27日座間味島で説明会を開催したところ、あわせて30名余りの方が参加され、活発な意見交換が行われましたのでご紹介します。

 
■使いみちについて
・港のFRPの廃船放置がひどい。個人がするべきことだが、何度か勧告して持ち主が撤去しないなら村が費用を立て替えるなど、こうしたことにも使ってほしい。
・ボランティアで行っている海の保全に使いたい。
・漂着ごみ集めることはできるが回収が大変なので、使途に加えて。
・観光客が増えても収入には直接関係のないおじいやおばあが、草刈りや清掃などの作業賃金を通じて恩恵を得られるようにして。
 
■住民の意識について
・何でもこの税に頼るのではなく、住民が率先して島をきれいにするという気持ちも大切。
・観光客が増えて税収が増えてもいいはずなのに村の決算報告を見ると変わっていない。もっと住民が税を支払ってほしい。
 
■役場への要望
・平成30年から導入とあるが、国立公園になって4年経過では渡嘉敷に比べて5千万円の損失だ。少しでも早く導入するべき。
・使途は必ず報告して。導入された後も、このように使い道に意見を言える場を作ってほしい。
・公共施設のトイレ清掃は建物を作ったら必ずするべきこと。目的税があってもなくてもやってほしい。
・財政安定のために工夫を。村が宅地造成すれば、村民は家を建てられ固定資産税収入も増える。
 
以上
・ごみのポイ捨てや歩きたばこはまだ多い。パトロールの権限を持った人が必要では。「ちゅら島づくり条例」が有名無実では困る。
 
■いろいろな考え方が…
・「海の保全にも積極的に使ってほしい」という意見と、「基本的には海で稼ぐ人の受益者負担であるべき」という意見がありました。
・「長く滞在する人からは日数に応じた負担が望ましい」という意見と、「日帰りなどでガイドなしで遊ぶ人の方が環境への負荷が大きい」とする意見がありました。
 

役場へのご質問と回答

 
Q 個人の船で上陸する人からは徴収しないのか。
A 那覇間の渡船の資格を持ち、島にいつも人を連れて来る方は特別徴収義務者(役場に代わって徴収し、まとめて役場に納める)になっていただく。ただ、まったく知らない船からの徴収は難しい。ヨットレースでの上陸などは別途検討したい。
Q 使い道はいったん決めたら変えられないのか。
A 条例で目的を定めるが、住民の皆さんとの議論の中で新たに必要が生じた場合は、条例改正を議会に提案することが可能。
Q スケジュールはどうなるのか。
A 3月議会に提案したい。議決されれば1年の周知期間を経て30年4月の導入を目指すが、理解が得られればそれより早く導入することも考えたい。
 

広告事業について

座間味へのアクセスはヘリコプターで アイラス株式会社

座間味の海水浴ツアーはスカイツアーズへ

沖縄の格安レンタカー たびらい沖縄

座間味島・ガヒ島ツアーは近畿日本ツーリストへ

ざまみ島っぷ