ホーム > トピックス > 観光のトピックス

トピックス

観光のトピックス

座間味港緑地公園グラウンドに整備したフットサルコートについては、ご利用前に村役場までお名前と使用時間帯を電話でご連絡くださいますようお願いいたします。公園の安全管理とご利用状況集計に役立て、今後の公園整備や補修計画に反映しますのでご協力ください。

コートはどなたでもお使いいただけますが、ボールは各自ご準備ください。なお、台風時に移動したゴールポストは、6月8日(月)午後からコートに設置しておりますのでご利用ください。

使用時のご連絡先:098-987-2311 総務・福祉課 総務班まで

 

 

村民・観光客の皆様へ

 

環境省 慶良間自然保護官事務所よりお知らせです。

昨年3月5日に慶良間諸島が国立公園に指定されたことに伴い、

既に指定されている、慶良間諸島海域のラムサール条約登録地についても見直しを行い、

登録面積が拡大されることが、5月29日スイスにある条約事務局で決まりました。

慶良間諸島海域の登録面積は、これまでの353haから8290haとなり、

わが国の登録湿地面積としては3番目に大きい湿地となります。

 

詳細につきましては、環境省HPに随時更新されていくとのことです。

ラムサール 湿地面積拡大図.JPG

座間味村から、観光客の皆様へお願いです。

座間味全景 慶留間からの空撮.jpg

何点かご協力いただきたい事がございます。

1.水着で集落内を歩かないでください。
 ※集落内は住宅地でもあります、
  上着を羽織るなど、過度の露出はお控えください。

 ※また、キャンプ場など公共の施設では楽器、スピーカー等、音を発するものは

  午後10時以降は音量を控えるようお願いします。

 

 

2.喫煙は決められた場所にてお願いします。
 ※昨年施行された「ちゅら島づくり条例」にもあるとおり、
  決められた場所での喫煙をお願いいたします。

 

3.野生生物への餌付けはやめてください。
 ※水中に限らず、陸上においても、生き物たちの自然の営みを
  崩すことになる上に、餌と間違えてかみつかれたりすることも
  御座います。餌付けは厳禁です!

 

4.岩礁やサンゴの上に立たないで!
 ※座間味村は周辺海域あちらこちらにサンゴが生息する
  世界でも希少な地域です。枝状のサンゴはもちろんですが、
  中には一見ただの岩にしか見えないサンゴもあります。
  干潮時はさらにサンゴを踏みやすい状況になりますので、
  ご注意ください。 

 ※また遊泳可能な場所にウミガメが現れたりすることがございます。
  無下に追いかけまわしたり、触ったりすると、警戒して、
  もう湾内に入ってこなくなってしまいます。


  

5.シュノーケル時はライフジャケット着用を!
 ※泳力に自信がある方も、そうでない方も、マリンアクティビティー
  をされる方はライフ ジャケットの着用をお願いいたします。
  自然環境において、過信は禁物です。
  楽しい思い出は安全のもとにございます。
  ご理解の程よろしくお願いいたします。

その他、座間味村内のルールに関しましては、下記画像をご覧ください

P16-17.jpg

 
  この時期だけのルールではございませんが、
沢山のお客様がいらっしゃるこの時期に再度お知らせいたしました。

かけがえのない、座間味村の自然
そこに遊びに来てくれた皆様の命を守るためのお願いです。

ご理解ご協力の程、座間味村で楽しいひと時を過ごしてくださいませ☆
☆皆様のご来村を心よりお待ちしております☆

 

 

座間味村ホームページは、村内の優良な観光事業所を積極的にご紹介することで、ご来村くださるお客様の便宜をはかり、村の観光振興につなげることを目的としています。ホームページの事業所一覧でご紹介するマリンレジャーなど各種サービス、宿泊施設、飲食店、また小売店などは、各々の事業に対し法令で義務づけられた届出が完了していることはもとより、苦情のない安定したサービス提供者であることを条件とするため、このほど「座間味村ホームページ掲載要綱」を定めました。

新規に掲載を希望される事業所におかれては、要綱をご一読いただき掲載基準をご確認くださるようお願いいたします。なお、掲載のご要望は座間味村観光協会で受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。 一般社団法人 座間味村観光協会 098-987-2277

座間味村ホームページ掲載要綱.pdf

12月24日中央環境審議会により慶良間諸島の国立公園指定が了承され、石原環境大臣に答申されました。これにより、座間味村と渡嘉敷村から成る慶良間諸島が、全国で31番目の国立公園になります。新規指定は27年ぶりのことで、多くの生き物を育むサンゴ礁、ウミガメやザトウクジラの集う海が高く評価されました。また、今年9月に視察された委員の先生方により、島々の陸域についてもユニークな地質や優れた植生が評価され、今まで村民が気づかなかった資源として注目されます。

これまで座間味村民はオニヒトデなどの有害生物の駆除を不断の努力で行い、ダイバーをはじめお客さまのご理解で保全がはかられてきましたが、今後は国による自然保護対策が図られ、多くの方に愛される慶良間の環境を次世代につなぐことができそうです。

正式な指定は26年3月5日の「サンゴの日」。これまで慶良間の自然環境保全にご協力くださったお客様に心から感謝し、座間味村ファンの皆さんが一緒に喜んでくだされば幸いです。

daijinsitsu.jpg

石原環境大臣、中央環境審の武内会長、渡嘉敷村長と。一番右が宮里村長

kaiken.jpg

環境省の会見で 

IMG_3080.JPG

毎年11月に行われるファン感謝月間のイベントの1つでもあるフォトコンテストの作品が、座間味港ターミナル内にて貼りだされています。座間味島へお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただき、お気に入りの1枚に投票をお願いします。

期間 2013/11/01~2013/11/30

2020年東京オリンピック開催決定で盛り上がるスポーツ祭東京2013(第68回国体 平成25年9月28日~10月8日開催)。 そのセーリング競技に座間味ジュニアヨットクラブ出身の与那覇一成君と大城さくらさんが沖縄県代表として出場することが決定しました。一成君は470級成年男子、さくらさんはシーホッパー級スモールリグ少年女子の部です。

応援しましょう!!

kazunari_y.jpg

与那覇一成君 (右)    

 sakura_o.jpg

大城さくらさん

 

阿嘉島のビーチで撮影されたAKB島田晴香さんの笑顔が印象的な「月刊ダイバー」10月号(9月10日発売)で、「夢見心地ケラマ」と題して、座間味島、阿嘉島、慶留間島の座間味村三島周辺の水中景観の素晴らしさをたっぷりPRしています。これは、巻頭特集「ケラマ物語」の一部として組まれた、座間味村観光協会とのタイアップ記事。見事なイソバナに群れるキンメモドキの大群は圧巻。ヤシャハゼ、モンツキカエルウオ、ハナヒゲウツボなど、マクロの人気者も勢揃い。ぜひご覧ください!

diver1310.jpg

 

8月24日(土)、座間味港旅客ターミナルで、恒例の座間味島祭りが開催され、多くの村民・観光のお客様でにぎわいました。ステージをつとめるのは、芸達者の島んちゅばかり。

村内飲食店の出店による島の味もバラエティに富んで、好評でした。ご来場ありがとうございました!

11月の「座間味島ファン感謝月間」では、毎週土曜日、こんな感じでライブを開催します。またお会いしましょう。

オープニングは中学生のエイサー

25matsuri_seito_eisa.jpg

玉城流平良冨士子琉舞道場座間味支部による「加那よー天川(かなよーあまかわ)

25matsuri_kanayo_amakawa.jpg

ビールうま飲み大会

25matsuri_beer_umanomi.jpg

島のフラチーム ピリラニの可愛いフラガールたち

25matsuri_hula_girls.jpg

エイサー同好会の演舞と一緒に、会場はカチャーシー大会

25matsuri_eisa_kacyashi.jpg

花火もたくさん上がりました。

25matsuri_hanabi.jpg

トリはやっぱり、島の人気バンド ザ・マミーズ

25matsuri_mammys.jpg

8月19日(月)夜放映のテレビ朝日系列「報道ステーション」にて、座間味村の「サバニ帆漕レース」が取り上げられる予定です。

放送は22:40から23:05の間に、10分以上にわたる特集とか。皆さん、ぜひご覧ください。

(大きなニュースが入った場合は変更の可能性があります)

 

サバニ帆漕レース公式サイトはこちら

http://www.photowave.jp/sabani_s/photo/index.html

広告事業について

座間味へのアクセスはヘリコプターで アイラス株式会社

座間味の海水浴ツアーはスカイツアーズへ

沖縄の格安レンタカー たびらい沖縄

ケラマ日帰りツアーは近畿日本ツーリスト

ざまみ島っぷ