<ザトウクジラについて>


ザトウクジラは、体長13mから15m・体重約30トンにもなる哺乳動物です。胸ビレが長く、体長の約3分の1の長さからなり、尾ビレの幅も体長の約3分の1ほどあります。また、頭部にあるこぶしほどのコブも独特です。

クジラは全部で86種になり、そのうち「ひげ鯨」と「歯鯨」に分けられます。ザトウクジラはひげ鯨の仲間です。

ひげ鯨と呼ばれている仲間は13種あり、沖縄近海で過去に目撃例があるのは、そのうち7種で、シロナガスクジラ、ナガスクジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、ミンククジラ、ザトウクジラ、セミクジラです。ここ数年の座間味近海で目撃された鯨類は、ザトウクジラ、ミンククジラ、歯鯨の仲間であるマッコウクジラ、シワハイルカ、ハンドウイルカ、オキゴンドウ、アカボウクジラ科のクジラ、ゴンドウ系のイルカです。

毎年12月から4月頃までの間、ザトウクジラが座間味近海に帰ってきます。過去8年間での初目撃は11月26日から1月10日の間、最終目撃が4月8日から5月14日の間となっています。シーズンの中頃(1月中旬から3月中旬)が比較的ピークですが、「いつ頃が1番良い」というのは年によって差があります。

春になると餌を求めて、座間味を後にし北上を始めます。片道数千kmの旅をし、アラスカ、アリューシャン列島、ベーリング海まで泳いで行きます。体重の3%から5%の餌を食べるというので、約1トンから1.5トンの餌を食べるようです。主食はニシン、シシャモ、タラ、コウナゴなどです。

この時に、ザトウクジラ独特の「バブルネットフィーディング」という採餌方法をします。この方法は、小魚の群れを見つけると、その下に入り周囲を回りながら、鼻から気泡(バブル)を出し、円筒状のバブルのカーテンを作り、魚たちが逃げられないようにしてから、下から大きな口を広げ海水ごと口に含みます。その後、上あごの500枚程生えているヒゲ板の隙間から、海水だけ外に出し、残った餌を飲み込みます。1頭の時もあれば、10数頭で共同して行う時もあります。